忍者ブログ

« 大佐昇格。 | もっと書きたい事はあるんだ! »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

« 大佐昇格。 | もっと書きたい事はあるんだ! »

文明間戦略 イギリス vs ロシア

どうもSushiRocksです。
文明間戦略考察 第1弾という事で相手に選んだのはロシア!
対ロシア戦術教えて下さいという声もいくつかあったのでようやく書き始めようかと思いますw

[ 文明的前提 ]
イギリス視点から見てロシアで一番怖いのは大貴族(強化カード)の入ったストレレッツを大量生産される事。
何度か、ハラスを受けない状態でストレvsLBの流れに持っていった事があるんですが
大貴族の入ったストレレッツに対してLBはコスト負けします。
そして、農民の生産速度に関しては10分~15分程度で追いつかれるレベルになりますので
LBで打ち合いしてると内政的にもかなりアドバンテージを失っていくのが
イギリス対ロシアの文明的な大前提にある様な気がします。

[ 対抗戦略 ]
ロシアの弱点はマスケットが非常に弱い所。
LBでもイギリスマスケットでもロシアのマスケに打ち負ける事はまず有り得ませんので
ロシア側にマスケット生産させるのがロシアと戦っていくうえでカギになってきます。
 
という事で私が採用してるのは馬スタート。
ロシア側が最初に切れる兵カードは"コサック"か"ストレレッツ"なので
どちらにもけん制する事が出来るハサーは序盤で一番安定します。
ラッシュ・アフォラッシュ型のロシアには3枚目に"マスケット6"カードを切ると良いです。
この時点で馬2回しマスケット6民兵TCショット塔の射撃
ラッシュを返せない事はまず無いでしょう。
その後も、ハサーとマスケの比率は1:1くらいがオススメ。
当てる時も変な操作するより、正面からハサーを当てて
マスケットの援護射撃でしっかりマスケを削っていく事が大事だと思います。

手順を見ていこう。
初期資源箱が木300だったら家を2軒建てる、200の場合でも私は木材70採集して2軒目を建てます。
17人塔金進化選択。進化中に家1軒と、市場建設で肉効率1段目+外套研究。馬小屋代200確保。
2進化後、馬小屋建設、進化金200回収して、肉14・金4の割合で生産農民は金に振っていく。
これで馬4は回るはずです。2枚目木箱700回収してマナーハウス+兵舎建設。
建設経験値により3枚目のカードが切れる様になりますのでマスケット6を切ってカウンター狙い。
あとは内政アドバンテージと自陣受けでの優位性を活かして、マスケハサー大量生産で押しつぶす感じです。

厄介なのが資源封鎖型、もしくわ自陣内政スタートのロシア。
馬を大量生産しておく事には変わりませんが、3枚目を農民などにして
内政的な駒組みでやっていく必要があります。こちらについては後日追記していこうと思います^^

[
総評 ]
イギリス側47:53不利。2で勝負が決められず3以降に縺れ込む戦いになるとかなり辛い印象。
常に軍事は劣勢になりますので、どこかで軍事的なピークを迎えられないとNo Future!

 written by SushiRocks
PR

戦術考察 : Comment (2) : Trackback (0)

Comment


Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
kotu |  2010.01.20 at 02:24 編集
見慣れたフォーマットなのか、私は読みやすい。www
馬出しの基本と思って練習してみます。
すしろっくす | URL 2010.01.21 at 19:25 編集
何気なく使ってますが、このブログ見やすいですよね。
画像などを挿入しないと寂しい感じはありますが
余裕があったら画像なども挿入していければなーと思っております。

Trackback

Trackback URL: